未分類

腸腰筋が痩せるために大切なのは、正しい姿勢を維持することが痩せるために必要だからです。人間の体はバランスが乱れてしまうと、代謝が悪くなってしまったり、また異常な食欲が発生してしまうことになります。このどちらの場合においても、ダイエットをするためには不適切な現象です。これを解消するためには、体の乱れを解消する必要があり、特にコアの部分となる場所をストレッチすることが大切なのです。
体のバランスが乱れてしまうと、正しい姿勢を摂ることができなくなります。人間の体は正常な状態であるのならば、適度な腹圧が体にかかっています。これは姿勢をまっすぐするために、腹筋を使用することになるからです。そして骨盤を安定させ、良い姿勢を保つことが可能になるのです。
子のバランスが乱れてしまうと、内臓の位置が悪くなってしまい、体の代謝が悪くなり、また腹圧が少ないために食欲が多くなってしまうのです。
これらを解消するためには、骨盤を安定させる必要があります。そのためには腸腰筋をストレッチする必要があるのです。腸腰筋は放っておくとすぐに硬くなってしまう筋肉であるために、骨盤の安定が難しくなってしまうのです。なので頻繁にストレッチを行い、正しい姿勢を維持することが大切になります。

産後のダイエットで大切なのはただ体重を落とすことではなくて、骨盤の状態を整えくびれを取り戻すことですよね。体型は自然にもどるとは言いますが、やはり妊娠・出産で歪んでしまった骨盤を矯正し、エクササイズによって筋肉を鍛えることは必要です。
カーヴィダンスはモデルやタレントのボディメイクのカリスマトレーナー樫木裕実さんが考案したダンスエクササイズで、リズムにのって楽しく踊りながら女性らしいくびれボディを作ることができると評判のエクササイズです。
このカーヴィダンスなら自宅でDVDを見ながら自分のペースでエクササイズができるので、スポーツジムに通う必要もなく、子供がお昼寝している間などちょっとしたすきま時間を有効に使って実践することができ、産後のママにもおすすめです。
「部分やせ」や「即やせ」、ゆったりした動きからメラメラ燃やせる動きまでシリーズで出ているので、自分にあったエクササイズを探しましょう。毎日少しずつでも継続することで、女性らしいなめらかなボディラインを手に入れることができるはずです。ただし、産後のデリケートな体に無理は禁物ですから、エクササイズは体調が安定してからスタートしてください。楽しく、気分もリフレッシュできるカーヴィダンスでくびれボディを目指しましょう。

現在では世界中で行われているヨガは、体の力を抜いて、体も心もリラックスして行うもので、行っている時にマッサージ以上の心地良さを感じるものです。
また、行う際にベルトやアングルドボルスターなどの補助具を使うことがあります。
これはヨガ用のクッションで、ヨガに適した弾力がある特殊なウレタンでできた補助具なんですが、このクッションは緊張した筋肉を緩めます。

上記のようなヨガの中に、グラヴィティヨガと呼ばれる、無理に体を伸ばしたり開いたりせず、地球の引力に身を任せることで、生命エネルギーを回復させるものがあります。
具体的には簡単にできて、体にかかる負担も少ない色々なポーズをして、プラーナと呼ばれる酸素をたくさん取り込むことにより、生命エネルギーを回復させます。
そのポーズは呼吸を深めるものです。
なおグラヴィティの意味なんですが、これは地球の重力、また自重という意味です。

グラヴィティヨガが行われる所に関しては、スタジオやフィットネスクラブ、病院やカルチャー施設、高齢者の施設などです。
これらの施設で、充分に時間をかけて行われます。
充分な時間をかけることで、心の内側を穏やかさと安らぎに満たすことができます。

骨盤は尾骨と寛骨と仙骨から成り立っていて、体を支える重要な役割をしています。骨盤の周りには脂肪が多いお尻やお腹、太ももなどかありそれらの筋肉の大部分が繋がっています。今の生活は交通機関や車などで便利になってきた分、運動不足などで骨盤周りの筋肉が緊張状態になっている人が多いです。その緊張は美容にも関係していて姿勢の悪さで老けて見える、足がむくむ、リンパの流れがスムーズにいかないなど大きく影響しています。お腹回りのブヨブヨや腰周りの脂肪は、筋肉の緊張から骨盤がゆがんでいる事が原因です。長い間座っていたりすると骨盤が開いたままになり、閉じる事が難しくなります。開いたままですと下半身の巡りが上手くいかず、骨盤周りのおしりやお腹回りに脂肪がつきやすくなります。日常生活の中で、座りっぱなしにならないよう気をつけてたり骨盤ストレッチをするのが良いです。骨盤ストレッチは自宅で簡単に行えます。開いた骨盤がストレッチによって閉じて正しい位置に戻してあげると、腰回りやお腹回りも少しずつスッキリします。骨盤ストレッチは、食後や生理などの時は休憩して体調の良い時に行うのがベストです。お風呂上がりや眠る前などゆったりとした時間に行うと良いです。

インスパイリング・エクササイズをご存じでしょうか。身体の内側から鍛えることで、女性らしい優しいラインを残しつつもスリムなメリハリボディを手に入れられるエクササイズです。また、骨盤のゆがみにも効果があるので、産後太りで骨盤が開いてしまった身体にも効果のあるエクササイズです。
産後太りの原因には、ホルモンの乱れや、赤ちゃんが生まれたことによる生活習慣の変化などの原因もありますが、大きな理由は出産によって骨盤が大きく開いてしまうため、開いた骨盤の上に脂肪がのりやすくなり、肥満につながるというものです。さらに、骨盤が開くことで、内臓下垂の状態となって、内臓の機能が低下し、胃腸の不調や便秘につながることで、新陳代謝が悪くなり、肥満につながります。インスパイリング・エクササイズはこの状態を改善してくれるエクササイズです。
自宅や狭い場所でもできますし、特別な器具なども必要ありません。特に産後の体型を元に戻す効果があり、ダイエット以外にも、姿勢が良くなったり、O脚・X脚の改善、リラックス効果もあります。
赤ちゃんが生まれると、ジムやエステに行く時間はどうしても取りにくくなります。でも何もしないで放っておくと、産後太りで体型が安定してしまう危険性があります。おうちで気軽にできるインスパイリング・エクササイズに挑戦してみてはどうでしょう。

最近では産後ダイエットが流行しています。
特に出産時に開いてしまった骨盤を締めるだけで痩せることができる方法が人気となっているのです。
開いてしまった骨盤を元の位置に戻してあげることで、内臓が正しい位置に戻ってきますので、代謝が良くなったり、便秘が改善されたりするのです。
それと同時に体の歪みも元に戻りますので、姿勢が良くなったり、結果的にダイエットにつながるということがとても多いので評判になっているのです。
産後のシェイプアップ用下着にも骨盤ケアの商品がとても多く販売されていますし、ただ締めつけるのではなく、気持ちの良い締めつけ感がくせになるという女性も多くいるのです。
こういった産後のシェイプアップ用下着を着用しておくことで体型を元に戻すこともとても楽になりますし、無理な食事制限をしなくても自然と体重も体型も元に戻すことができるのです。
特に産後は母乳育児が推奨されていますので、水分やカロリーも適度に取っておかなければならないため、無理なダイエットをしてしまうことで母乳が出なくなってしまうということもあるのです。
こういったことにならないためにも無理なダイエットはせず、なるべく長いスパンで少しずつ体型を戻していくことをおすすめします。

産後は便秘になりがちです。

その理由のひとつが、水分不足によるものです。産後は、授乳をしているため、どうしても1日に1リットル近くの水分が母乳として排出されます。水分が足りなくなると、腸の中の水分も不足してしまい、便が固くなってしまいます。便は固くなると出にくくなるため、便秘となり、出ない時間がたつことでより一層固くなってしまいます。そのため、こまめな水分補給をすることが大切です。

ふたつめの理由は、産後の傷によるものです。出産をするときには、直径が10センチもある赤ちゃんの頭を出すために、膣と肛門のあいだにある会陰という部分が裂けてしまったり、はさみで切ったりします。その傷は、1日で縫合するのですが、どうしても便を出すときにいきむと切れてしまうのではないか、と怖くなります。そうすることによって、少し便意があってもがまんすることが続いてしまい、その結果、便が硬くなってでなくなることがあります。

もうひとつの理由は、運動不足によるものです。出産をしたあとは、赤ちゃんのお世話に毎日おわれているため、なかなか外出をしたり、運動をしたりできません。その結果、腸が動かなくなってしまうのです。適度なウォーキングなどで改善できます。

女性は妊娠によって、驚くほど体重が増加してしまう人も多く、出産後に元に戻らないと悩んでいる人も少なくはないようです。わずか十か月ほどの間に十キロ以上太る人も意外と多く、これでは完全に半分以上は母体についた脂肪です。食欲が増進することはある程度は仕方のないことで、おなかの赤ちゃんのためにもしっかりと栄養を取ることは大切ですが、出産時には多くても五キロほどしか減らないということを頭に入れ、適正な食事管理を行うように心がけましょう。それでも大方の女性は、産後には妊娠前よりもお肉がついてしまっているものですが、母乳をあげている間は、比較的痩せやすいといわれているので、出来る限り早い段階でダイエットを開始し、元の食生活に戻しましょう。赤ちゃんに母乳を飲ませている間は、妊娠期間と同じくしっかりと栄養を摂取しなければならないので、極端な食事制限はタブーで、ダイエット食を利用する場合でも、きちんと栄養価が考えられたものを取り入れましょう。この時期にお勧めのダイエット食は、天然由来の野菜や果物がたっぷりと配合された酵素ドリンクで、カロリーも控えめで必要な栄養素は凝縮されているので、朝食やおやつ代わりに取り入れると健康的に痩せられます。

女性は、妊娠によって体重が増加してしまうのは、ある意味仕方のないことですが、中にはわずか十か月ほどの間に驚くほど激増してしまう方もおり、出産後に元の体型に戻らないと悩んでいる女性も少なくはありません。事実、出産時にはどれだけ大きな赤ちゃんだとしてもせいぜい4キロで、そのほか羊水や胎盤を入れても5キロ程度減るのが関の山で、あとは全てお母さんの身体についた脂肪なのです。妊娠中はしっかり食べることは重要だといわれていますが、急激な体重増加は妊娠中毒症になってしまうこともあるので、時には検診で医師から注意を受けることもあるようです。また産道にお肉がついてしまうと、難産になってしまうことも多いので、必要以上には増やさないように管理するほうが良いといえます。産後は、母乳が出ている間は痩せやすいといわれているので、できるだけ早い段階で体重を落とさないと、元の体型に戻すことは難しくなってしまいます。子供ができたから仕方がないと開き直り、妊娠前とは別人のようになってしまっては、大切な夫の愛情を失ってしまう場合もあるでしょう。最近は、子供がいても自分の容姿には気を使い、美しい女性はいくらでもいます。ひとえに努力次第なので、子供のためにも綺麗なお母さんを目指しましょう。